読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記 - otherwise

最近はDQ10しかやっていないダメ技術者がちまちまと綴る雑記帳

Windows Phone 8.x 時代の Application Lifecycle

WindowsPhone Win8App ユニバーサルWindowsアプリ

ご無沙汰しております。
最近はすっかり放置気味の本 blog ですが、別に放棄したわけではありませんので何卒。。。
# 相変わらず DQ10 中心の生活を続けているせいで技術ネタにかけている時間がないだけ、と云うのは公然の秘密です。
……さて。
今年も残すところあと 20 日程となりました。
季節はすっかり冬。世の中はクリスマス一色。イルミネーションが綺麗ですねぇ。(涙)
そしてクリスマスと言えば、そう、 Advent Calendar の季節な訳です。
昨年は今年以上に技術ネタから離れた生活をしていた(単に堕落していただけ)ので回避しましたが、今年は Windows Phone にだけ手を挙げてみました。
と云う事で、本記事は Windows Phone Advent Calendar 2014 の 10 日目の担当記事となります。
前日は @icchu さんの WindowsPhone Advent Calendar 2014 ユニバーサル的な小物 Tips でした。

続きを読む

ユニバーサル Windows アプリの Windows Phone アプリケーションに於ける SystemTray の扱い

ユニバーサルWindowsアプリ WindowsPhone

ユニバーサル Windows アプリでは Windows Phone アプリケーションの基盤が Windows Runtime に替わったため、各画面を構成するクラスも Windows Phone 8.0 (以下 WP8 と記す)までの PhoneApplicationPage (Windows.Phone.Controls) から Page (Windows.UI,Xaml.Controls) に替わっています。*1
そのため、 WP8 までの様に SystemTray (Microsoft.Phone.Shell) クラスを使用してシステムトレイへアクセスする事は出来なくなりました。
そこで、ユニバーサル Windows アプリの Windows Phone アプリ(以下 WP8.1 アプリ)でシステムトレイへアクセスする場合はどうすればよいのかを紹介しておこうと思います。

*1:Windows Phone 8.1 Silverlight アプリは WP8 までと変わりません。

続きを読む

ユニバーサル Windows アプリでのコード共有方法

ユニバーサルWindowsアプリ Win8App WindowsPhone

ユニバーサル Windows アプリでは、 Windows ストアアプリと Windows Phone アプリ で共通なコードを Shared プロジェクトに格納する事でコードの共有が可能ですが、実際の開発では、「クラス全体としては共有したいけど、一部の処理だけプラットフォームに依存する」と云ったケースが多く発生すると思います。
今回は、そうした状況の対応方法を幾つかご紹介します。
# 先日のわんくま同盟東京勉強会 #90 の LT でお話しした内容です。

続きを読む

de:code 2014 に参加してきました( 1 日目)

Microsoft Win8App WindowsPhone de:code

日本マイクロソフトによる技術者のためのカンファレンスである de:code が 5/29-30 の 2 日間に渡って開催されました。
今回のイベントでは、 4 月に北米で開催された Build 2014 で発表された内容をベースに、 Microsoft が今提供しているテクノロジの最新情報が 70 以上のセッション(スポンサー企業による事例紹介セッションを含む)によって提供されました。
受講したセッションの内容については、可能そうなものは今後記事にしていければいいなと思っていますが、ひとまず全体の感想をざっくりと書いておきます。

続きを読む