読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記 - otherwise

最近はDQ10しかやっていないダメ技術者がちまちまと綴る雑記帳

続・ Visual Studio 2010 Beta 2 日本語版で Oslo Library Project を作成する方法

Oslo

前の記事に書いた方法でプロジェクトテンプレートは追加されたのですが、ビルドまでは出来るもののリポジトリへの配置が Visual Studio から出来なくて難儀していました。
色々調べていたら、本国の MSDN Forum にそれらしき投稿があったので、これを試してみたところドンピシャでした。
# 本国の MSDN Forum には既に SQL Server Modeling のカテゴリがあるんですね。さすがだなぁ。
# 他にも MEF のカテゴリなんかもあって、本国のパワーを感じます。日本も頑張れー!
Oslo Library Project を新規作成した上で、自動生成された csproj ファイルの PropertyGroup タグの子要素として以下の記述を追加します。

    <ProductVersion>
    </ProductVersion>
    <SchemaVersion>2.0</SchemaVersion>
    <MCodeGen>true</MCodeGen>

※最初、 MCodeGen のみ追加したのですがうまくいかず、 ProductVersion と SchemaVersion も追加したら配置が出来る様になりました。
※何度か Visual Studio が落ちる現象が発生したりしているので、あくまでも対応は自己責任でお願いします。
後は、 Oslo Web 2.0 MVC Application プロジェクトと同じ様に、プロジェクトのプロパティに SQL Server Modeling Services への接続文字列を記載しておけば OK です。
これを応用すれば、 MVVM なプロジェクトの M に "M" を使うことも出来ると思います。
# ……毎回修正するの面倒だし、テンプレート自体直しちゃおうかなぁ。