雑記 - otherwise

最近はDQ10しかやっていないダメ技術者がちまちまと綴る雑記帳

わんくま東京勉強会 #64 アフターフォロー (20) : Gesture

Windows Phone の操作は基本的にタッチによって行われます。 ご存じの通り、タッチにはタップ、フリック、ピンチ等の色々なジェスチャアクションが存在しますが、アプリケーションで基本的なジェスチャをキャプチャするためのイベントが用意されています。 …

Console.WriteLine(Nothing) を紐解いてみる

VB のコードを書いたのが 1 年半ぶりな人が Visual Basic Advent Calendar 20 日目をお送り致します。 さて、先日 C# のメソッドオーバーロードの解決についてまとめたわけですが、 VB には Nothing と云う(メソッドオーバーロードの解決に於いて) dynamic…

わんくま東京勉強会 #64 アフターフォロー (19) : Transition

アプリケーションをよりインタラクティブに見せるための手段として、画面切替やコントロールの状態変化の際にちょっとしたアニメーション (transition) を付ける方法があります。 Windows Phone アプリケーションは Storyboard を使用してコントロールのアニ…

わんくま東京勉強会 #64 アフターフォロー (18) : Windows Phone Application lifecycle

アプリケーション起動中に電話がかかってくる、スクリーンロックがかかる、省電力モードになる等、スマートフォンではアプリケーションが中断するシチュエーションがたくさんあります。 また、 Windows Phone は同時に起動出来るアプリケーションの数が 1 つ…

わんくま東京勉強会 #64 アフターフォロー (17) : 通信処理 - AsynchronousExtensions

昨日は非同期通信処理記述時の道具として Rx を紹介しましたが、 Rx を使っていても結局同じ様なコードを毎回書かなければならなくて結構な手間がかかります。 ……で、似た様なコードなら共通化(ライブラリ化)すればいいじゃない、と云う事で、 MSMVP for C…

わんくま東京勉強会 #64 アフターフォロー (16) : 通信処理 - Reactive Extensions for .NET (Rx)

Windows Phone での通信処理は 基本的に Silverlight と変わりなく行えます。 WCF Data Services も利用可能なので、利用可能なパターンでは積極的に使うと良いと思います。 非同期処理 Silverlight と同じ、と云う事で、 Windows Phone の通信処理は非同期…

わんくま東京勉強会 #64 アフターフォロー (15) : データ保存の考え方

ここまでで、 State 、 IsolatedStorage 、 Local Database と三種類のローカルストレージを紹介しましたが、本来、 Windows Phone アプリケーションでは基本的にローカルにはデータを保管せず Azure 等のクラウド環境に置く事が推奨されています。 Windows …

わんくま東京勉強会 #64 アフターフォロー (14) : ローカルストレージ - Local Database

端末へ永続データを保管するもう一つの方法として、 Local Database を使用する方法があります。 Local Database は Microsoft SQL Server Compact (SQLCE) 4.0 をベースとしたローカル DB になっています。 リレーショナルデータや大量データを保管する際は…

Local Database for Windows Phone

Windows Phone Advent Calendar 14 日目です。 Advent Calendar は後になるほどきついとはよく言ったもので、正直目新しいネタがありません。 そこで、ちょっとズルいですが今日分のセッションアフターフォロー記事から切り出して Windows Phone の Local Da…

わんくま東京勉強会 #64 アフターフォロー (13) : ローカルストレージ - IsolatedStorage

State は揮発性の領域のため永続的なデータの保管先としては利用出来ません。 端末へ永続データを保管する場合は IsolatedStorage を使用します。 この領域に保存されたデータはアプリケーションを終了しても消える事はありません。保存したデータが不要とな…

追考・ nullable な引数を持つメソッドをオーバーロードする場合の解決

C#

先の記事でちょいと壮大な解釈ミスがあったので訂正記事を書かせていただきます。。。 ミスっていたのは数値リテラルに対する解釈です。なので、影響するのは (1), (2), (3), (7) になります。 この 4 件について、改めて以下に記載します。

わんくま東京勉強会 #64 アフターフォロー (12) : ローカルストレージ - State

端末への一時的なデータ保管先として、 Application の State 領域があります。 この領域はメモリ上にあるため永続的なデータの保管先には利用出来ませんが、アプリケーションの一時休止(詳しくは後日解説予定)の際には保持されるため、入力データの一時保…

再考・ nullable な引数を持つメソッドをオーバーロードする場合の解決

C#

※ この記事の (1), (2), (3), (7) については解釈ミスがあったため追加記事を書きました。 気づいたらもう私の順番らしく。 って事で、本記事は C# Advent Calendar 2011 第 12 日目へのエントリー記事です。 ……とは云え、ここのところちっとも C# 言語関連…

わんくま東京勉強会 #64 アフターフォロー (11) : 日本語表示

Mango には日本語フォント( Yu Gothic や Meiryo UI 等)が含まれているため、日本語の表示に関しては海外端末であっても特に問題ありません。 また、日本語の入力についても日本語キーボード(カーブフリック式の 10 キーとローマ字入力)が含まれているの…

わんくま東京勉強会 #64 アフターフォロー (10) : Display Orientation

スマートフォンには、持つ方向によって縦長 (Portrait) と横長 (Landscape) の 2 パターンの表示方法があります。 Windows Phone SDK を使用してアプリケーションを作成すると、通常は Portrait 固定で作成されます。 この状態だと端末を横向きにした際にも…

わんくま東京勉強会 #64 アフターフォロー (9) : ApplicationBar

ApplicationBar は、表示データの再読込(リロード)や検索条件入力画面への遷移等、画面全体に作用する機能を呼び出すためのショートカットメニューを置く事が出来ます。 但し ApplicationBar は UIElement ではないので、XAML 上に記述は可能ですが Bindin…

わんくま東京勉強会 #64 アフターフォロー (8) : LongListSelector

ComboBox とは少し用途が違いますが、リスト表示用のコントロールとして LongListSelector もあります。 このコントロールはリストをグループ化して表示します。 なお、今回紹介するコントロールも Toolkit に含まれるコントロールのため、使用する際は Tool…

わんくま東京勉強会 #64 アフターフォロー (7) : ComboBox の代替 - MultiselectList

項目を複数選択可能にする場合、 ListPicker の SelectionMode を Multiple に設定する方法がありますが、もうひとつの手段として MultiselectList を使用する方法もあります。 # 思いっきり酢酸先生のひとり AdventCalendar 6 日目とかぶってしまっています…

わんくま東京勉強会 #64 アフターフォロー (6) : ComboBox の代替 - LoopingSelector

日付や時刻と云った選択肢がループする様なケースでは、 ListPicker の代わりに LoopingSelector を利用する事が出来ます。 今回紹介するコントロールも全て Toolkit に含まれるコントロールのため、使用する際は Toolkit が必要になります。

わんくま東京勉強会 #64 アフターフォロー (5) : ComboBox の代替 - ListPicker

Windows Phone には desktop application の様な ComboBox コントロールが存在しません。 表示領域が限られているためやむを得ないところもありますが、アプリケーションを作る上では複数の選択肢から項目を選択させるシチュエーションは発生すると思います…

わんくま東京勉強会 #64 アフターフォロー (4) : Panorama / Pivot

Windows Phone 向けのレイアウトコントロールとして Panorama コントロールと Pivot コントロールがあります。 Metro を象徴するレイアウトと云う事もあり、 Windows Phone アプリケーションの開発入門などではこのいずれかのコントロールを使用して画面を作…

わんくま東京勉強会 #64 アフターフォロー (3) : 画面デザイン

ちょっとした動作確認用のものは別として、アプリケーションを作る際は、いきなり Visual Studio や Expression Blend を起動するのではなく、まずは机上で画面の大まかなデザインを行う事をおススメします。 これは画面構成や遷移の仕様を整理するだけでな…

わんくま東京勉強会 #64 アフターフォロー (2) : MetroUI

MetroUI らしく、とかちょっと堅苦しく聞えますがそんなに難しく考える必要はないと思います。 気をつけるべき事は以下の通りです。 標準のコントロールをうまく使う Windows Phone (と云うよりはその基盤技術である Silverlight )では、テンプレートを使…

ItemsControl.ItemTemplate 内で ComboBox を使用する際の data binding のワナ

Silverlight Advent Calendar 2 日目を担当するにあたってネタを考えたのですが、まだ Silverlight を本格的に触り始めて日が浅くこれと言ったTips を持っている訳でもないので、とりあえず今軽く困っている事を書いてみたいと思います。 # こんな事なら意地…

Simple Timer for Windows Phone が Marketplace に並びました

前回のわんくま東京勉強会の時に申請して、一度リジェクトを喰らいつつ再申請していたアプリが無事認可されて Marketplace に並びました。 Simple Timer for Windows Phone 極単純なアプリですが、もしよかったらダウンロードしてお試しくださいませ。(無料…

わんくま東京勉強会 #64 アフターフォロー (1) : Windows Phone アプリケーション開発向けツールあれこれ

この辺りの話はセッションではあまり触れませんでしたが、折角なのでご紹介。 Windows Phone Software Development Kit (SDK) 7.1 Windows Phone 向けアプリケーションの開発ツールは無料で入手出来ます。 上記ダウンロードサイトから Web インストーラを入…

プログラミング Windows Phone

と云う事で買ってみました。 全 400 ページ程度なので、さくっと一読して、後は困った時のバイブルになりそう♪

わんくま同盟 東京勉強会 #64 セッション アフターフォロー

あっという間に 2 週間も経ってしまいました。 勉強会直後に体調崩して半分倒れたり Project DIVA Arcade の新曲追加があったりでアフターフォロー記事書くのが遅くなり申し訳ありません。 とは言いつつも、量が多いので少しずつ書いておく所存。気長にお付…

Windows Phone 向けアプリのコンテストが開催される様です

@IT デザインハックミーティング 「スマートフォンアプリ選手権」 (@IT) @IT 主催による Windows Phone アプリコンテストが開催される様ですね。 国内での Windows Phone 活性化に一役買ってくれるとありがたいところです。 ……ところで、コレ何気に参加賞が…

近況

# 某所から「最近全然更新されてない」と言われたので、とりあえず復帰の足がかりにするために雑談を書く試み :p またすっかり技術系 blog を放置している状況な訳ですが。。。 まぁ、要は更新する時間と気力がなかっただけなんですが、今年はちょっと outpu…

わんくま同盟 東京勉強会 #61 募集開始♪

わんくま同盟 東京勉強会 #61 ちょっと遅くなりましたが、 7/23 のわんくま東京勉強会の参加募集を開始しました。 今回は Microsoft エバンジェリストの高橋さんを迎えて、 Windows Phone 7 Mango にフォーカスを当てた一日になってます。 いよいよ日本でも…

Mango 対応アプリ開発の Tech Fielders セミナーが開催される様です

Tech Fielders セミナー 東京 < Windows Phone "Mango" 開発支援セミナー> (Microsoft) 前回の Windows Phone Developer Day とは違い、一般参加者も参加可能(事前登録は必要)な WP セミナーが開催されます。 講師陣は忍さん、大西さん、川西さんと、ベ…

MCPD Web Developer 取得報告

MCP

6/30 を以て .NET Framework 2.0 対応資格試験が提供終了されました。 ……って事で、最後の悪あがきで最終日の 6/30 に有休を取って 70-547 (PRO: Designing and Developing Web-Based Applications by Using the Microsoft .NET Framework) を再受験し、無事…

Exam 70-599 (Desiging and Developing Windows Phone 7 Applications) の話

先日ネタにした WP7 設計・開発に関する MCP 試験ですが、本国の試験情報を見ると結構興味深い内容が含まれています。 特に興味深かったものを幾つかピックアップしてみました。 ネットワークを強く意識した内容が盛り込まれている データアクセスの項目に、…

MCPD/EA 不合格& MCPD/Win Dev 取得のお知らせ

MCP

結局 70-554 は再受験したものの不合格だったので、急遽 Web Dev と Win Dev の PRO 試験 (70-547, 70-548) を受験しました。 ……が、全く勉強せずに受験したせいもあって(w 70-547 は一歩届かず。 でも、 70-548 は何とか合格できました。 って事で、 MCPD…

Windows Phone 7 Developer の MCP 試験が始まるらしい

日本 Microsoft の MCPD ページにはまだ何も記載はないですが、試験開始予定ページを見ると、「 Pro: Designing and Developing Windows Phone 7 Applications (70-599) 」が 2011/07 試験開始予定となっています。 って事で本国の MCP 情報ページを見てみた…

Windows Phone で XNA と Silverlight を併用する事は出来るけど……

WPDT7.1でのXNAとListBoxの併用について (Windows Phone Forum) 私は XNA に疎いし実際に自分で試した訳でもないので返信は出来ずにいますが。 結局これって、 Silverlight for Windows Phone 7: ListBox Scroll Performance (Silverlight for Windows Phone…

開発者のための Expression Blend チュートリアル公開開始

開発者のための Expression Blend 〜デザインツールを使いこなせば、 RIA 開発はもっと簡単!〜 (Microsoft) WPF や Silverlight 、そして Windows Phone と、 XAML ベースの UI 構築をする際にどうしても Visual Studio のデザイナでは機能が不足していて E…

わんくま同盟 東京勉強会 #60 満員御礼

わんくま同盟 東京勉強会 #60 日本発の中の人による Kinect セッションもある今週末のわんくま東京勉強会、おかげさまでたくさんの方に参加登録頂き、定員に達しましたので募集を締め切らせて頂きました。ご登録頂いた皆様、ありがとうございます。当日を楽…

Microsoft さんはどこへ向かっているのだろうか……

キャラクター利用ガイドライン、解説集 | クラウドガール (Microsoft) 既に各所で取り上げられていますが、 Windows Azure 公認キャラクターのクラウディア・窓辺の二次利用に関するガイドラインが公開されました。 結構広く利用が可能で、更に素材集も提供…

来週末のわんくま東京勉強会に Kinect for Windows SDK のセッションが追加されました!

【緊急告知】川西さん Kinect for Windows SDK Beta 記念講演 (えムナウ Blog ) わんくま同盟 東京勉強会 #60 元々 SDK が間に合えば Kinect セッションを〜と云う話だったのですが、募集開始の時点で SDK の提供時期が定まらなかった為、今回はグラフィッ…

APP HUB に登録された発行者名を変更する

APP HUB の発行者名を変更したい! (高橋 忍のブログ) 昨日、 twitter で酢酸さん (@ch3cooh) がこの質問を投げてて、 FAQ を見た感じ変えられそうにないねー、みたいな話をしていたのですが、忍さんが変更方法を blog 記事にしてくださいました。多謝! …

Kinect for Windows SDK Beta 登場

Kinect for Windows SDK from Microsoft Research 近日登場と言われていた Microsoft 謹製の Kinect SDK の Beta がようやく公開されました。 さっさと時間作って入れて試してみないと。。。

Windows Phone Arch 発足

WP Arch ようやく日本語対応が発表されて日本国内でも徐々に情報が出始めてきた Windows Phone ですが、早くもコミュニティが発足されました。 まずは、 Windows Phone ユーザの一人として、またアプリ開発を画策している開発者の一人として、ユーザ登録させ…

Tech・Ed Japan 2011 開催延期

延期のお知らせ (とっちゃん 's Blog ) Tech・Ed Japan 開催延期 (Ito Blog) Microsoft Tech・Ed Japan 2011 ホーム (Microsoft) 日本マイクロソフトは、Microsoft Tech・Ed Japan (マイクロソフト テック・エド ジャパン) を、例年 8 月に実施してまい…

T 型の配列から Dictionary へ変換する

C#

元ネタ:かずきの Blog@Hatena stringの配列からDictionary<string, string>への変換 stringの配列からDictionary<string, string>への変換 その2 stringの配列からDictionary<string, string>への変換 その3 久々にプログラム小ネタです。 # しかし、その3の方法は思いつかなかったなぁ。。。 # さすが ne</string,></string,></string,>…

OpenNI ドライバとか OpenNI.net とか Kinect de Presentation とか

記事を書くと宣言したものの、なかなか時間が取れなくて一向に手をつけられておらず、申し訳ありません。 正直、今から OpenNI を利用した Kinect on PC な記事を書いても誰得な様な状況になってしまっているので、このまま Kinect for Windows SDK の公開を…

Windows Phone Marketplace developer account 登録完了

先日メモ書きに書いた通り、 Windows Phone を購入しました。 で、目的が「実機での検証をしたくなった」なので、開発者登録しないと話にならない。 と云う事で App Hub の登録申請を出していましたが、本日 Microsoft から登録完了のメールが届きました! …

わんくま同盟 名古屋勉強会 #17 お疲れ様でした

遅くなりましたが、 4/8 の名古屋勉強会にお越し頂きました皆様、ありがとうございました。 相変わらずのグダグダセッションで申し訳ありませんでした。 セッション中に宣言しましたフォロー記事については、この後頑張って書きたいと思います。。。

.NET 2.0 世代の MCP は 2011/06/30 提供終了

MCP

MCPプログラム:終了予定の試験 (Microsoft) 終了試験一覧 (Microsoft) ぎゃー、まだ 70-554 受かってないのに。。。 残り 2 ヶ月半。頑張って受けないと>< # .NET 3.5 は SP1 が生き残るからまだ終わらないと信じています。。。